活動報告

2016.03.17 採決直前に案文を変更/酒井議員「公正な運営に反する」
       危機管理対策特別委

 17日に開かれた危機管理対策特別委員会では、危機管理対策に関する提言案が採択されました。
 同委員会では当初、12項目からなる文章が「提言案」として提示されていましたが、採決当日の朝になって、地域防災の担い手である自主防災組織の活性化策や、SNSなどの情報媒体の効果的な活用による情報発信・情報共有体制の整備、危機管理体制整備における女性の参画を増やす具体的な取り組み、学校・保育所等における災害対応マニュアルの早期作成などの項目を削除した7項目に変更したものが配布されました。
 酒井議員は委員会で、採択当日の突然の内容変更について「公正な運営に反する」と批判。女性の参画や情報発信など大事な項目を削除したことについて抗議し、再度議論をして結論を出すよう主張しましたが、自民党委員などが採決を強行。自民党委員と採決に反対するリベラル群馬の委員とのやり取りの中で、「(12項目の案は)出された意見を加えただけのもので、正式なものではなかった」「女性を特別扱いすることはない」などの発言も飛び出しました。



日本共産党群馬県議団

〒371-8570
群馬県前橋市大手町1-1-1

TEL 027-226-4170
FAX 027-226-6550