活動報告

2016.10.12 補正予算案「国のバラマキの受け皿」 伊藤県議が批判


 県議会は12日、本会議で第3回前期定例会に提出されている議案を議決しました。日本共産党の伊藤祐司県議が討論に立ち、議案の一部について反対しました。
 不要不急の幹線道路建設などが大半を占める公共事業に98億円をつぎ込む補正予算案について、伊藤氏は「失敗が証明済みの国のバラマキ施策の受け皿だ」と批判。同補正に盛り込まれたコンベンション施設建設の推進費用について、「県民の意見をよく聞き、経済情勢や需要を見極め、本当に必要な施設なのかを検証すべきだ」と強調しました。
 県としての住宅リフォーム助成制度の創設や、給付型・無利子奨学金制度の充実を求める各請願が「実施困難」として不採択にされました。伊藤氏は「やる気も見識もない」と厳しく批判し、採択を求めました。
 これまで継続にされていた、治安維持法犠牲者国家賠償を求める請願を不採択にしたことについても、現代の治安維持法と言われる秘密保護法がつくられ、安保法制のもとで自衛隊の海外派兵の準備が進められるなかで、「戦争反対の世論を弾圧しようとする気持ちの現れだ」と指摘しました。





日本共産党群馬県議団

〒371-8570
群馬県前橋市大手町1-1-1

TEL 027-226-4170
FAX 027-226-6550