寺子屋心理カウンセリングルーム
寺子屋心理カウンセリングルーム
東京・新宿/群馬・前橋
寺子屋心理カウンセリングルーム
書籍のご案内


悩みが消えるお坊さんの言葉
 − 受け入れるということ −
    (サンマーク出版)




amazonでのご購入は、上記をクリックしてください。



長年多くのご相談者様の悩みに寄り添わせていただいた経験をもとに、

「自分のことが嫌い」
「親や他人に対して受け入れられない感情を抱いている」
「自分がやってしまったことを忘れられずに引きずっている」
「自分の人生なんてくだらない人生で、生きていく価値を見出せない」


と感じている方に読んでいただきたい気持ちで書かせていただきました。

仏教、心理学、自分自身の経験に基づいて書いた本ですが、机上の空論や単なる理屈ではなく、自分で実践してみて効果のあったものだけを書いております。


■第一章 自分を受け入れる
■第二章 他人を受け入れる
■第三章 起きた出来事を受け入れる
■第四章 自分の人生を受け入れる

全45項目



第一章の「自分を受け入れる」では、「自分に自信がない」「みんなみたいにうまくできない自分がイヤ」というように、どこか少し劣等感を感じていたり、周囲の人の目が気になって萎縮(いしゅく)してしまったりしている自分に対しての「理由と対策」をまとめてみました。
また、「ついつい自分のことを責めてしまう」「イライラした気持ちがおさまらない」「いっぱいいっぱいになって、他人を攻撃してしまう自分が止まらない」というような、「本当はこんなことをやりたくないのに・・・」と思っているのにその気持ちに反して逆のことをやってしまう場合の対処方法などについても触れています。


第二章の「他人を受け入れる」では、周囲の人との人間関係の中で、「どうしても許せない相手がいる」「相手の態度を見ていると怒りがこみ上げて止まらなくなる」というように、相手の言動によって自分が心穏やかでいられなくなっている状況での「理由と対策」をまとめてみました。
また、自分が他人との間で潜在的に求めている関係性を探るための簡単な心理テストや、相手のことを心から心配して一生懸命にやってあげたのにその気持ちが相手に伝わらなくて悲しい気持ちになってしまったとき、どのように考えて行動したらいいのかなどについても触れています。


第三章の「起きた出来事を受け入れる」では、「過去の辛くて嫌な出来事を忘れられない」「失敗してしまった出来事をいつまでも引きずってしまっている」というように、すでに起きてしまった出来事から抜け出せずに苦しんでいるときの対策についてまとめてみました。
また、信頼していた恋人からの裏切りに傷ついてしまい、恋愛に臆病になっているときや、大切な人の死から立ち直れずにいるときなどに、どのように考えて行動したらいいのかなどについても触れています。


第四章の「自分の人生を受け入れる」では、「自分の人生はどうせ変わらないし」「もう生きること自体も面倒臭くてイヤだ」という気持ちになって、生きる気力が高まらなくなっている状態の時にどうしたらいいかということについてまとめてみました。
また、「悩みが多くてイヤだな」と思っているときの対処方法のアイデアや、「本当はやりたいことがあるのだけど、それをしても大丈夫なのか不安」という気持ちがある人に向けた話なども書かせていただきました。


HOME
寺子屋心理カウンセリングルーム 
東京事務所 〒160-0007 東京都新宿区荒木町6番地42 AGビル2F
群馬事務所 〒371-0244 群馬県前橋市鼻毛石町1991-40
お問い合わせ・ご予約は携帯へ直接どうぞ 090-3084-4647 (受付時間 AM7:00〜PM11:00 年中無休)
   | e-mail  mental@xp.wind.jp | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示 |
Copyright (C) 2003 寺子屋心理カウンセリングルーム All Rights Reserved