薬剤部

 私たち薬剤部は、薬剤師4名で活動しています。“おくすり”を通して病室や外来にて患者様に安心・安全・笑顔で治療を受けていただけるよう、対応しています。病院の基本理念に従い、業務に励んでおり、より身近に薬剤師を感じていただけたら嬉しく思います。また、チーム医療へも参画し、調剤室だけでなく、病棟へと活動場所を広げていっています。病院内でのお薬につきましてはお気軽にお声かけ下さい。

当院は原則、院外処方箋発行施設です。院内調剤はお受け出来かねますので、院外処方箋を外来で貰いましたら、院外保険薬局までお進みください。入院患者様は私たちがお薬をお作りいたします。

●調剤室業務(2階)

 患者様個人に発行された各種処方箋に基づき、飲み合わせや副作用、適切な量や用法、適切な剤型かなどを確認し、お薬をお作りしています。持参薬の一包化も行い、患者様が確実にお薬が服用できるよう対応しています。また、処方箋や服薬チェック表の作成も行っています。

●注射業務(2階)

 処方箋の指示について、薬品名・投与量・経路・速度・期間などを確認し、ダブルチェックにて調剤・監査を行っています。原則、1日分の調剤を行いますが、連休などの際は数日分の場合もあります。患者様個別のケースでご用意し、誤薬防止を図っております。不明な点は医者に問い合わせをかけています。

●服薬指導業務(病棟)

 当院は入院された患者様すべての方々に対して薬剤師一名がつく、担当薬剤師制を敷いています。担当薬剤師が責任をもって、お持込頂いたお薬(持参薬)の内容の把握や数の確認、副作用・アレルギー歴の確認、複数の科にわたる現在の受診歴などを調べ、それに基づき院内処方箋の作成を行い、誤薬防止のための配薬チェックリストも併せて作成し、医師・看護師へのサポートと確実な情報共有(フィードバック)を行っております。患者様が話せない場合でも施設スタッフ様やご家族の方々へお話しさせていただく場合がございます。また、退院時には次回受診までのお薬の日数調整や指導など出来る範囲で対応しています。このような活動を経て、患者様に薬を安全かつ適正に服用していただけるよう活動しています。また、患者様の訴えを治療に反映できるよう、チーム医療を実践しています。

●チーム医療の実践(病棟)

 NST専門療法士2名在籍。医療安全、褥瘡、感染、栄養などに薬剤師が介入し、チーム医療の場に参加しています。

●医薬品情報の管理(DI室:drug infomation)

 医薬品情報が集約されています。作用だけでなく、副作用についてや患者様向けパンフレットの充実、患者指導にも活用しています。緊急性の高い内容を院内へ情報発信するとともに周知徹底を図る役目も担っています。また、医師・看護師・検査技師などからのお薬の質問に対して回答をし、院内の情報整備を行い、治療に役立てる場所でもあります。

●化学療法業務(外来・入院)

 当院では化学療法を行うにあたり、原則、申請のあった方法で投与を行うことと決められています。そのシートに従い、投与量や投与ルート、投与時間、混注方法などを確認し、その後、投与開始となった後は患者様のベッドサイドにて指導を行い、作用・副作用など必要に応じた内容の説明を行い、カルテ記入をしています。化学療法を行っている方々への不安を取り除きつつ、医師の目指す治療を最後までお受けいただくことに意識を置いています。

●麻薬・毒薬・血液製剤管理業務(外来・入院)

 輸血を除いた血液を成分とした血液製剤の管理や麻薬・毒薬の薬剤の管理を行っています。その際、後日でも追えるよう、Lot番号で管理しています。

●薬剤部より

 当院薬局は本館2階、エレベーターを降りたまっすぐの廊下の一番左手前に窓口がございます。御用がございましたらチャイムがございますので、それを押してお呼びください。また、退院後などの薬についてのご不明な点は、いつでもご連絡下さい。

●薬剤部からのお知らせ

現在お知らせはありません